お得に引っ越しするポイント

 

引越しアドバイス

今回の引っ越しは人力引越社で行ったが、人力引越社以外の時でも使える内容だと思われる。

 

引っ越しのノウハウとしては、一気に引っ越しの作業をするのではなく、ある程度壊れ物、よく使うもの、今後使う見込みのないもの、洋服(冬)、洋服(夏)、など事前に分別して準備しておいたほうが後々手間がはぶけると思う。

 

経験者として、引っ越し後は大体ばたばたして、段ボールが積みっぱなしのままにしてしまうケースもあるので、すぐにでも必要となりそうなもの(洋服であれば、その季節にきるであろう服、日用品、掃除用具)については、わけておいたほうがいい。

 

比較的、商品ごとに分けて梱包してしまう人が多いかと思うが、分別するときには商品ごとではなく、使うか使わないかといった観点からも分別しておいた方が忙しい人、ずぼらなひとには便利だと思う。

 

あとは、引っ越し費用については各社から見積もりをとり、価格だけでなく評判を聞いたうえで検討したほうが気持ちよく引っ越し作業が進むと思われる。

 

引っ越し費用ではないが、退室にあたりフローリングの修理の費用が1社に聞いた際には26万円かかるといわれ、あまりに高額であったためネットで相場を確認してあまりに高額だということが分かったので、他社にその旨伝えて見積もりを出してもらったら6万円(フローリングの修理だけでなく家具の修理も好意でしてくれた)で済んだので、すぐに決めずにじっくり検討することも必要。

 

引越し先にしたくない地域の特徴まとめ

 

大阪方面

今まで人力引越社などを使って転々と引越しをしておりますが、絶対に住みたくないと思うのは、大阪です。

 

ただのわたしのイメージでしかないですが、とてもうるさい感じがします。

 

もちろん大阪には行った事もないですが、なんとなくのイメージです。

 

大阪の人はうるさい、しゃべり方もきついなどノリ的な感じもついていけないってゆう気持ちです。

 

とゆうより、絶対あのノリにはついていけません。

 

大阪の芸人さんとかはテレビで見ていておもしろいし好きなんですが、いざ自分が住むとなると無理です。

 

 

田舎の限定集落

田舎に住みたいのですが、限界集落には住みたくないです。

 

車がないと病院もスーパーにもいけないようなところは困ります。

 

せめてコミュニティバスはほしいです。

 

今はまだいいけど、この先年を取って行く上で、多少なりとも若者に頼らないといけないことが出てくると思うので限界集落は正直嫌です。

 

あと、都会も住みたくないです。

 

音がうるさそうだし、人との関わりが色々厄介だし、畑を持ちたいのにもてなさそうだし。

 

水がおいしくなさそうで、人混みが苦手なので多分、落ち着かないと思います。

 

引越しアドバイス

 

ビルの多い都会

高層ビルが多いような町のなかはおしゃれで人も多くにぎやかなイメージもありますが、逆にさっぱりしているようなイメージを持ちます。

 

そんなさっぱりしている町よりもどちらかと言えば商店街があっていつも行く行きつけのお店が多く、その中で話ができるようなつながりのある町がよいのでそういったことがない街には住みたくはないです。

 

そのほかは夜さびしいこわい安全でないようなところ、交通の便が悪いところ等が挙げられると思います。