【人力引越社ユーザー】引越しの時にやっておくと良いポイント

荷物の梱包は徹底的に!

 

時間のない引っ越しの際、荷物は「捨てる」か「いる」かで分けたのち、いるものはとにかく段ボールへいれる!

 

荷造りはとても時間がかかるし綺麗にしていたらどれだけ時間があっても足りません。

 

とにかく段ボールへ入れて、引っ越し先で荷解きの際に整理する方が良いです。

 

小型家電の梱包は自分でする。

 

私の経験した引っ越しでは荷造りも頼みましたが、小さな電気ヒーターや加湿器などの家電は梱包されずそのまま段ボールへ入れられていました。

 

それも荷解きの際に初めて気が付き、壊れていたものもありました。

 

業者とは言え時間に追われての作業なので梱包が甘いこともあると思います。

 

業者の作業を監視しているわけにもいかないので、
大事なものや壊れ物だけでも自分で荷造り、梱包することをおすすめします。

 

 

業者さんとの事前打ち合わせをしっかり行う

 

安く賢く引越しをしたい!

衣料の多い方は事前に衣装ケースを日常的に使っておくと引越し時も便利です。

 

最近はハンガーラックを貸してもらえる業者さんも増えていますが、ハンガーの多い方は使ってみて下さい。

 

引越し前の梱包を自分でする場合は部屋の奥からが鉄則です(出入口が塞がってしまうので)。

 

引越し後の間取りを業者さんに事前に伝えておくと荷入れがスムーズです。

 

簡単な作業であればお願いすることもできるようになってきましたが、是非利用してみましょう。

 

机やベッドなど大きなもの且つ組み立てが簡単なものは頼んでしまえばその後の整理が楽です。

 

このとき間取りをしっかり決めていないと組み立てた家具を分解することにもなってしまうので、新しいお部屋を下見に行く際にメジャーなどで実寸し、今持っている家具が綺麗にお部屋に当てはまるか(寸法はもちろん、家具を置いた際にドアがしっかり開いて導線が確保できるかどうかなど)をしっかり確かめましょう。

 

 

引越し料金を極力安くするポイント

 

安く賢く引越しをしたい!

引越し料金を安くする秘訣ですが、まず、見積もりをとる場合は必ず何社かの見積もりをとって下さい。

 

心が強い方であれば、すべての会社で同じ時間に来てもらって一緒に交渉してもらえば、安くなる可能性は高いし早く済みます。

 

ただ、営業の方によっては気分が良くないので頑張ってくれない方もいるので、初めての方の場合は同じ日に時間をずらして見積もりしてもらうのがいいと思います。

 

必ず先にきた人から「安くするので即決して下さい」と言われると思うので、そのときは、
他の会社の見積もりを見てから決めたいので、夜には必ず連絡をするので即決価格を夜まで保留にして欲しい
と伝えてから他の会社の見積もりをとって下さい。

 

すべての見積もりが終わってから、自分の決めた会社に電話をして
「他社はこれくらいにしてくれると言ってくれたのですが、自分的には貴社で引越したいので同じくらいの価格になりませんか?」
等と言って最後の交渉をして下さい。

 

私の経験ですと、大手の場合は、どこの引越し業者にしてもサービスはそんなに変わりません。

 

今回の引越しで利用した人力引越社さんなどは業者によってサービスが多々存在します。

 

余裕があれば是非比較してみてください。

 

大事なのは当日来てくれた作業員の方の対応なので、当り外れは当日になるまで分かりません。

 

なので、引越しまでの業者選びでできることはいかに安くできるかのみです。

 

引越し代は、あってないようなものなので交渉頑張って下さい。